~シドニー港~

世界三大美港に数えられるシドニー湾は、シドニー・ハーバーとボタニー湾をセットにした総称です。

緑に囲まれた海岸線と美しい海は、時間帯ごとに違った表情を見せます。

 

~ハンター・バレー~

オーストラリアワインの名産地。

のどかな自然が広がる中、いたるところでブドウ栽培が行われるこの地には、

日本でも知られた大手企業から、アットホームなブティックワイナリーまで、150以上のワイナリーが集まっています。

 

~シドニー・オペラハウス~

鋭角的なシルエットが美しいこのオペラハウスはシドニーのシンボル的建物。

世界遺産登録もされています。

 

~ブルー・マウンテンズ~

標高はそれほどでもないものの、滝や渓谷なども多く、特に有名な絶景ポイントから望む絶景には息をのむばかり。

景勝地との呼び声のとおり、一生に一度は見てみる価値ありです。

展望めぐりや野生のカンガルー探しを兼ねたブッシュウォーク(散策)、

世界最古の鍾乳洞の探検などのツアーが人気です。

 

~ボノロング野生動物保護区~

コアラをはじめ、ワラビーやウォンバット、カンガルー、タスマニアデビルなどオーストラリア固有動物が飼育されています。

タスマニアには多くの動物園がありますが、抱っこしたりえさをあげたりと

動物と触れ合えることで知られています。

日本では味わえない体験は、お子さま連れの旅行プランにぜひおすすめ。

 

~オーストラリアの囚人遺跡群~

英国流刑の歴史を刻む囚人遺跡群です。

海に囲まれることから脱獄は不可能、かつては「最果ての流刑地」と呼ばれ重罪人ばかりが送り込まれる場所でした。

 

~クイーンズランド~

北から南まで60km続く白い砂浜がランドマークですね。

ごみ一つなく、透明度の高い水質を誇る海は、国内外の人々を長く魅了し続けています。

ケアンズから車で1時間程度、グレート・バリア・リーフにも近いことからクルーズも人気を集めています。

 

~グレート・バリア・リーフ~

サンシャインコーストから見て北、ハービーベイの東側にある島「フレーザー島」

この島はほぼすべてが砂でできており、砂でできた島として世界一の規模であること、

やせた砂の上に植物が根ざすという希少さなどを含め、類まれな自然美を評価されて世界遺産に登録されました。

島の中で楽しむアクティビティに加え、ダイビングの絶好ポイントにもなっています。

内陸を挟む湾では、8月から10月にかけて、オーストラリア唯一のホエールウオッチングが楽しめることで知られています。

 

~ウルル=カタ・ジュタ国立公園~

オーストラリア大陸の中心にある、先住民”アボリジニ”の聖地です。

数々の自然遺産に加え、アボリジニの文化的価値を認められ、複合的な世界遺産として1987年に世界遺産登録されました。

「世界の中心で愛を叫ぶ」の舞台にもなりましたね。

 

 

絶景が素晴らしいオーストラリア。

文面では伝えきれない魅力があるのでぜひ現地で体感してみてください。

 

【ツアーパンフレットはこちら】

【海外のWi-fi利用はこちら】

【お問い合わせはこちら】

 

twitter

パラトラ公式インスタグラム