南太平洋の楽園 タヒチ

 

【ツアーパンフレットはこちら】

7PYFBOBA0075

タヒチは南太平洋諸島にあるフランス領ポリネシアで最大の島です。8 の字型をしており、タヒチヌイ(大きい西側の部分)とタヒチイティ(半島の東側)に分かれます。黒い砂浜、ラグーン、滝、2 つの死火山があり、人気のリゾート地です。18 世紀に探検家のキャプテン・クックが訪れたことで知られ、フランス人画家のポール・ゴーギャンもタヒチを題材にした多くの作品を残しています。

map_small

ファアア国際空港と、首都パペーテがあるので、タヒチ旅行の玄関口となります。 空港に一歩降り立てば、音楽と香しきティアレの花の歓迎に、「南海の楽園」を実感します。首都パペーテは近代的な街並みにエキゾチックな雰囲気を漂わせる港町。市内にはレストラン、お土産物屋も多くあり、タヒチを訪れる観光客は必ず訪れます。椰子の木が貿易風にそよぎ、白く輝く家々が丘陵地帯に立ち並んでいます。フランス文化の影響を強く受けており、フランス製品をはじめ、世界の一流品が手に入ります。
その一方、奥地に入れば雲を抱く険しい山々や熱帯植物に覆われた谷があり、糸を引きながら落ちる滝、水量豊かな清流、色鮮やかに咲き乱れる熱帯の花々など、タヒチならではの自然が存分に残されています。 街散策の他にはゴルフ、ダイビング、サーフィンなどのスポーツも楽しむ事ができます。

8469f550bce746d8b52d32f31cd1cd4b

このどこまでも美しい海を是非ご体感下さい。

【ツアーパンフレットはこちら】