『縁』を結ぶ地 出雲

伊勢神宮に並ぶ古社。大國さまとして親しまれる大国主命を奉る。縁結びの神・福の神として親しまれています。1744年に建てられた本殿は、日本で最も古い神社建築の形式である大社造りで、国宝に指定されています。参拝方法が「二拝四拍一拝」と一般の神社と異なります。

旧暦の10月(現在11月)は全国的に「神無月」となります。全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲の国に集まる月。そして出雲の国は「神在月」となり神迎祭から始まり、沢山の祭事があります。日本中の神様の”気”を感じることが出来ます。願いも叶うはず!

img_2

 

ph_11
出雲大社に集まった神様たちが、木の札にそれぞれ男女の名前を書き、相談してカップルを決めたあと、男女の札を結びつけて「縁結び」しているところを描いたものです。島根県立古代出雲歴史博物館には、八百万の神様が大集合した『大社縁結図』が所蔵展示されています。

 

 

pc_1159788478《須佐神社》

神話のヒーロー、須佐之男命(スサノオノミコト)の御魂が眠る古社。本殿裏にある樹齢1200年の御神木が静かに見守る境内は、ココ最近、スピリチュアルパワーの源として、出雲大社に負けない人気スポットに!

 

 

 

pc_1161717778《宍道湖うさぎ》

島根県立美術館外、湖畔に広がる外の芝生に並んだ12匹の宍道湖うさぎ。このうち、湖から2番目のウサギに西を向きながら触ると幸せが訪れるという噂が広まり女性ファン急増中。シジミをお供えするとさらに効果UPだそう。

 

 

pc_1159791062《ハートの石畳》

カラコロ広場近く、堀川そばの細い小径を歩いていると、石畳にハートが浮き出た1枚を発見。そして30m離れた場所にもう1枚。片方に立ち、良縁を祈願すると、もう一方のハートを最初に踏んだ男性と結ばれるとか。運命の出会いを巡る、ロマンチックな噂の舞台がココ。

 

 

《全日空で行く!》

【ツアーパンフレットはコチラから御覧ください/表紙】(2016年04月-10月)

【ツアーパンフレットはコチラから御覧ください/縁を結ぶ地】

【ツアーパンフレットはコチラから御覧ください/ 旅行条件】

【企画・実施】ビッグホリデー株式会社

【お問い合わせはこちら】